1万人から5万人へと拡大し続ける富士フィルムの参加型写真展

50000人の写真展2017

富士フィルム株式会社による、写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2017」の展示作品の募集が開始されています。

この日本最大級の参加型写真展は、2006年にはじまり今年で12年目。

「10,000万人の写真展」としてスタートし、2013年からは「30,000人の写真展」にまで拡大。昨年の2016年には、応募点数41,964点という過去最高の作品が寄せられました。

12年目の今年は、「50,000人の写真展」として北海道から沖縄まで全国35会場で開催されます。

テーマは「一般展示部門」「なつかしいあの頃」「鉄道のある風景」など。応募する作品は希望する会場へ必ず飾られます。

応募方法は、フジカラーのお店又はオンラインショップから専用台紙を購入することで申し込みが可能。応募は2017年5月20日(土)まで。

“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2017

“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展 2017

ひとこと

スマホの普及やミラーレスの台頭で写真を楽しんでいる人たちが増えているのを実感します。どこまで規模を拡大していくのでしょうか?発表を楽しむことができる価値のある場所だと思いますね。大阪は、グランフロント大阪で8月4日(金)〜6日(日)まで。

スポンサードリンク