新世界

Shinsekai-08959

大阪市浪速区に位置する新世界。1903年(明治36年)近代化促進のための博覧会「第5回内国勧業博覧会」の跡地を開発して造られた場所です。

現在では、飲食店や映画館、娯楽状が並び、街全体がテーマパークのようになっています。昭和の雰囲気を十分に残したレトロでディープな街並は、沢山の観光客で溢れる場所となりました。

通天閣

Shinsekai-08990
新世界の中心に位置する通天閣、初代タワーは1912年にパリのエッフェル塔をモデルにして建てられました。高さ64メートルのタワーは東洋一の高さを誇っていました。
第二次世界大戦中に一度解体されましたが、1956年に2代目のタワーが再建。それが現在の通天閣です。高さは103メートル、5階展望台、オープンエアーの屋上展望台からは大阪の街を一望することができます。通天閣の頂上の丸いネオンは「光の天気予報」となっていて、明日の天気をネオンの色で表示しています。(白は晴れ、橙は曇り、青は雨)

ビリケン

Shinsekai-08963
通天閣の展望台を始め、新世界のいたるところで見ることができるビリケン像。オリジナルは、1908年アメリカのフローレンス・プレッツが「夢の中でみた神様」をモデルにして作られました。その後日本へ渡り、1912年に幸福の神様として新世界にも設置されるようになりました。ビリケンさんは全知全能の神、足の裏を撫でるとどんな願いでも叶えてくれると言われています。

串カツ

Shinsekai-08943

Shinsekai-5598
大阪新世界と言えば名物の串カツ。人気串カツ店「だるま」の初代女将が西成の労働者に提供したのが始まりとされています。有名店では長蛇の列ができるほど人気です。串カツは1本、100円から200円程度。外はサクッと、中はモチっとした食感が特徴。昼食や夕食はもちろん、散策の合間にも訪れてもOK!!

新世界の巨大看板

Shinsekai-06829

Shinsekai-06783
新世界は、道頓堀と同様にとても賑やかな場所。店の前に掲げられた巨大看板は見ているだけで楽しいです。新しいお店も増えつつありますが、昭和の香りが残る、コテコテの大阪の雰囲気は今も健在です。

スパワールド 世界の大温泉

Shinsekai-09011
通天閣すぐ近くにある「スパワールド 世界の大温泉」は、子供から大人まで楽しめる温泉テーマパークです。施設内には、温泉、岩盤浴、プール、リラクゼーションやスポーツジムまで完備。温泉は、4階はヨーロッパゾーン、6階はアジアゾーン、各フロアには約8種類のお風呂があります。ゾーンは、月ごとに男女入れ替わり制。古代ローマや、地中海、イスラムの石風呂など、多彩な温泉を満喫できます。

ギャラリー

OP 新世界12
通天閣からの眺め。「あべのハルカスがよく見える場所」と言われているところが、なんとも大阪らしい。

OP 新世界6
夜の下町からは温かい人情を感じます。

インフォメーション

インフォメーション新世界
公式URL新世界ネット

アクセス